車イスでヨーロッパツアー。お買い物編1

  • 2016.05.14 Saturday
  • 20:40

世界中で
日本のどこかで 

そして身近で・・・ 

いろいろなことが起こる中、

いろいろなことを感じて・・・

全部 受けとめながら生きていこうと思う 今日この頃、

ヨーロッパツアーの記録は続く・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




パリの街は どこを見ても絵のようで
IMG_4642.JPG

どこを切り取って見てもステキで

IMG_4095.JPG

お散歩しているだけで 美術館に来ているようで
IMG_4066.JPG

だから、 というわけじゃないけど

私たち 18泊もしたけれど観光地的な所には
ほとんど行っていません。
(危うく凱旋門すら見ずに帰るところだった;)

それなので、一般的な観光の情報は一切持ち合わせていません;

だから 『お買い物』といっても
私 ブランドにはうとく さっぱり興味がないので

高級なその手のお店がどこにあるかすら知りません。


私たちが『お買い物』というのは 日常生活のための

日々のスーパーでのお買い物のことです。念のため。


IMG_4101.JPG

ネットからの情報で
フランスはカード社会だから 1ユーロからカード使えるから
現金はいらないよ とか

スリが多いからあまり現金を持ち歩くな とか

いろいろ聞きましたが

私はマネパカードという
先に入金しておくタイプのプリペイド方式のカードと 
(約25万円分用意して)
普通のクレジットカード数枚を一応持っていき

現金は アパートメントの部屋代の残りを支払う予定があったので
プラス現金の形で用意しました。


実際には

パン屋さんでカードを出すと『うちはカードは5ユーロから』と言われたり


IMG_4372.JPG

意外にも20ユーロ札からでもお釣りをすんなり出してくれたり

まぁ 結局 お店によるんですが・・・

でも フランスには500ユーロ札(約6万円札!)みたいな
大きい額のお札があるんで 小さいお店で小さい買い物で

そんなん出したら嫌がられる可能性は大きいかなー;


大体 慣れないので
1ユーロと2ユーロの区別がパッとつかない。

財布の中で 大きさも色もほぼ一緒やん!

なので 小銭で焦らずに済む スーパーではカードが便利です。


なんかごついスーパーの買い物カゴを抱えていたら 

見知らぬお兄ちゃんがこうするんだよ!と
持ち手を引っ張って教えてくれた!親切〜♪

持ち手を伸ばすとカート式になる買い物カゴ。
買うものは少ないんだけど;


お買い物が終わったら 勇気を出して レジにGO!

ダイエーみたいな大きなスーパーじゃなく 小さいスーパー。
レジの形で言えば コンビニみたいな規模。

とにかく前の人の真似をしてみる・・・

まずは挨拶!(ボンジュール!)

レジの台の上に 買ったものを1個ずつ自分で乗せていく。

ピッピとしてもらう。

ピッピとしてもらったものを急いで自分のバッグに入れる。
↓   (袋はもらえない。基本みんな家からバッグを持ってくる)
いいよ と言われたら カード読み取り機にカードを差し込む。
↓   (カード読み取り機が最初からお客さん側についていた)
**** と出たらパスワードを入力する。

OKが出たらカードを引き抜く。

レシートを受け取る。

忘れず挨拶!(メルシー オーヴォワー)


レジのお姉さんに お客さんから先に みんな挨拶していました。

これは気持ちいいねー♪


ただ レジのお姉さんね、『仕事中』って感じがしない;

普段着だし 隣の人としゃべってるし 

座ってるし ガム噛んでるし;

まあ それは全然いいんだけれど


ある時 Mihoちゃんが豆乳を買おうとしたときのこと。

私たちはレジ終えて待っていたのだけれど なんかモメてる様子・・;

何を言っているのか 状況すらわからない私たち;

後で聞いたら 

3ユーロくらいの豆乳1リットル1本に 10ユーロ札を出したら

『今、お釣りがないから売れない。』とレジのお姉さんが言い放ったらしい。

Mihoちゃんは負けじと

『そんなのおかしい!!
10ユーロ出してるのに買えないなんて!』
と抗議したらしい。

なんやかんややりとりしてたら

隣のレジのお姉さんが 自分とこのレジ確認したら
『あ、お釣りあったわ〜』 って、 

結局、無事?豆乳を売ってもらえた という・・・。
(向こうが謝ったかどうかは聞いてないが;)

日本ではありえな〜い話;

大体 オーナーでもないレジのお姉さんごときが 
『お釣りないから売らない』と
シラっと言えるのもビックリだし

お昼くらいの時間帯に スーパーでお釣りないって
その後の営業時間どうすんのー?


私ひとりだったら 状況すらわからず 売ってもらえず 

泣き寝入り間違いない;;

抗議できるMihoちゃんスゴ〜イ!


言いたいことが言える語学力と

伝える態度がなければパリジェンヌにはなれないことが
よ〜くわかりました;;


それでも そのスーパーには ほぼ毎日通い 

私ひとりでご挨拶とお買い物をすませ

パリジェンヌ気分を味わったことは付け加えておこう♪ 



まあ この後も フランス人と日本人の仕事の概念の違いを

ま 仕事だけじゃなく、

感じることは 多々ありまして・・・

いや〜 面白いったら。



情報になってるのかどうだかわかりませんが

お買い物編  たぶん続く・・・・。












































 
 
コメント
コメントする