車イスでヨーロッパツアー。パリの街 エレベーター編

  • 2016.06.02 Thursday
  • 22:19


パリでは いろんなエレベーターに遭遇しました。

日本よりも多種多用なパリのエレベーター。

日本では 箱型の部屋ごと動くエレベーターしか見ないけど・・・


ルーブル美術館の車イスやベビーカー用の最初の入り口

ゴンドラのよう
丸いスペースが上下に動くタイプ

IMG_4472.JPGIMG_4474.JPG
ホールの真ん中に筒のように建っているんだけど
囲われていないので あたりを見回せる。


ルーブル美術館の建物の中に入ってから各階に行くのには 
箱型の 日本と同じようなエレベーターが設置されていました。



フランスでは 多くの人が利用する公共施設で 
階段を使えない人用の対策をするようにという
政策が数年前に 決まったそうで


古い建物に 急遽
あとから設置する場合 スペースの問題で
箱型のエレベーターをつけるのは大変なんでしょうね。


こちらは ドアのように開く扉で 

箱全体でなく 地面だけが上下するタイプ 

IMG_4250.JPG
IMG_4261.JPG



そしてこちらは 階段横のリフト。
たった3段のために このリフトをつけなければならないのは
ちょっと気の毒;

ちなみにここは設置して約1年?今まで荷物でしか使わなかったリフトを
日本から来たばーごん氏が初めて本来の使い方で使うの図;


IMG_4276.JPGIMG_4269.JPG
 

ちなみに フランスは日本でいう1階が 0階;
2階が1階;; これになかなか慣れない;

IMG_4262.JPG


こちらのボタンは押しっぱなしでないと進まないタイプ。



全体的にどのエレベーターも 動きがゆっくり。

閉ボタンは ない。 閉まるまで待つんだね。

多くの人が集まる公共の場所は こうやってちゃんと対策がとられているのですね。


私たちが尋ねた ルーブル美術館とオルセー美術館と
フォンテーヌブロー宮殿にはエレベーターがちゃんと備わってました。
(ベルサイユ宮殿はお休みで中には入れなかったのでわかりません;)


でも 聞くところによると エレベーターがあるといっても
荷物用のような
車イスは絶対無理でしょ!な小さいものから

大人3人が 縦に並んで整列してやっと乗れる 
超細型エレベーターなんてのもあるらしく 

車イスユーザーさんは 必ず行く先々のエレベーターチェックは必須です!

 



こちらは駅の改札階からホームに向かうエレベーター

箱型で階段と平行に斜めに降りていくタイプ

IMG_4536.JPG
IMG_4537.JPG

ケーブルカーみたい。こんなエレベーター初めて見た!


パリの中心地にある シャトレレアール駅

地下鉄とRER線とショッピングモールが一緒になった
とても大きい駅。

JR大阪駅+市営地下鉄の 全体が地下型バージョンの規模。でかい;

ネットでの口コミでも かなり迷うと 有名;


去年の年末はちょうど大改修中で ただささえ迷うのに
あちこち封鎖されていたり、

まず駅の改札口に行くまでに

エレベーターかエスカレーターに乗るのだけれど

テロの直後だけあって 

まず 警備の人が駅の入り口で ひとりひとり荷物チェックをしていました。


私たち車イス組は エレベーターの位置を把握しておかないと

当日エレベーターを探してウロウロして 約束に遅れるわけにはいかないので

必ず前日にエレベーターの場所チェックをするのですが

シャトレレアール駅ももちろん 前日に 
改札口までスムーズに移動できるように確認しておきました。

駅の建物 入ってすぐの所に 
ちょっと汚くて 閉鎖的で 外が見えないタイプの箱型の
エレベーターが2基 並んでいますが

1基は使えない;

壊れているのか 修理中なのか・・・

とりあえず1基は使えることを確認。


さ リハーサルの約束の時間があって 電車に乗る 当日の朝。

まず 駅の入り口で止められる・・・;なぜ? かはわからないまま;

黒人の強面の警備員。

みほちゃんがいるからなんとか英語が通じるけども、

今日はこちらの入り口は開けていない 通せない;とやら;

大阪駅でいうと 今日は中央入り口からは入れません てこと;


しばーらく待たされて かなり周り道して違う入り口へ案内された。

おいおい 昨日やっと覚えたのに 帰り道がまたややこしくなったぞ〜;

もともと大きいショッピングモールと併設された大きい駅
もう どこがどこやらわからず;;


結局 前日に場所チェックしたエレベーターには乗れず

違う入り口から入り 
違うエレベーターに乗り とりあえず改札に向かう。

そのあとも どの電車に乗るのかで 乗るエレベーターが違うので

それも間違えないように;



とにかく表示がフランス語なんで(当たり前だけど)
どこ行きかすらわからない;;


覚えておかないと 明日の帰りは私たちふたりっきり;

一緒に行ったみんなは パリ滞在中ずっと友人宅を借りてのお泊まりなので 

私たちのアパートメントからはバスで30分くらい離れた場所らしく

降りる駅が違う。

そして ばーごん氏はパリに着いてから 全く触覚がきかず(日本でも か;)

アパートメントの真ん前についても『今どこ?』という始末;



さて 翌日 本番を終え 楽しく打ち上げを済ませ

夜10時頃 みんなと電車に乗り それぞれがそれぞれの駅で降り

最後 シャトレレアール駅は ばーごん氏と私 ふたりっきり。

でも 前日に通った通路と エレベーターは最低2箇所は覚えている。

大丈夫 ! ・・・  大丈夫 ?

改札を出て 昨日使ったエレベーターへ行くと ひとりの紳士が佇んでいる。

・・・『なんかエレベーター使えないみたい。』と彼。

ええ〜っ??また??

どうっしよう〜〜っ?   と慌てていると 紳士が 『大丈夫 ついてきて』

と案内してくれる!



2回通っただけの場所で言葉も通じずエレベーター動かない!! しかも夜。


紳士はまず改札に戻り 電車の案内所のような所へ連れってってくれました。

が そこも 夜なので閉まっている;

『OK! そしたら こっち』と

今度は私たちが 前日 一番最初に場所チェックした方のエレベーターの方向へ。


でも そっちは ショッピングモール内なので 時間を過ぎて
すでにパーテーションで閉じられ 電気も消えている。

でもその紳士は そのパーテーションをこじ開け『行ってみよう』と
エレベーターの方へ。

お店も閉まって暗くなった通路を行くと


そしたら・・・・ なに ちゃんと使えるではないの・・・;
1基はやっぱり壊れたままだけど;


助かったよーーーー;;

救世主よ、あなたはなんであのタイミングでエレベーター前で佇んでたの?


彼は確かにキャスターつきのバッグを持っていたけれど 

機内持ち込みできるくらいの大きさで 
エスカレーターでも階段でも なんの問題もない荷物量だったのに・・・

この紳士がいなかったら 私たち 駅で一晩過ごしてただろうか;;

ほんとにほんとにありがとう〜♪♪ 

救世主、 よく見たらすっごい男前のスーツ姿の紳士❤︎

めちゃめちゃスマートに助けてくれて カッコよく去って行きました♪



はい また学びましたよ; 

パリのエレベーター 今朝使えても 今夜は使えない可能性あり;

そしてフランスでは 壊れたエレベーターを すぐ修理に来るなんてことはありません;


でも きっと誰かが助けてくれる♪











































































 
コメント
コメントする