車イスでヨーロッパツアー。個展編1

  • 2016.06.13 Monday
  • 22:46

 


話を到着の日にムリヤリ戻しますが;


私たちが到着した日
シャルルドゴール空港には

有難いことに
お迎えの人が車で来てくれていました。

個展とパフォーマンスを行うギャラリーのスタッフさんです。

おかげで私たちは右も左もわからないまま車に乗せてもらい

パリ市内のギャラリーまで運んでいただきました。

 

最寄駅は あの例のシャトレレアール駅のことです。

 

おそらく電車だったら出口も

エレベーターの場所さえわからず迷いに迷って

えらいこと大変だったと思います;


 

今まで ’ギャラリー’と表現していましたが

個展とパフォーマンスをする場所は

日本の天理教の施設で

IMG_4328.JPG

 

『日仏天理会館』

Association Calturelle Franco-Japonaise de TENRI といって

ギャラリーを始め 日本の文化交流や

ステージや学びの場所などとして

天理教じゃない人でも

いろんな人が利用できるように15年ほど前に

元会長さんの大変なご苦労と熱意でできた施設だそうです。


 

セーヌ川にほど近い パリのど真ん中!にあります。


 

事故などで車が混んでいたので
 

空港からパリ中心部には1時間以上かかりましたが

 

ありがたいことに 車で迎えにきていただいたので

 

迷うことなく とてもスムーズに
天理会館に到着しました。

そこは パリとは思えないほど日本人がたくさん!!


 

日本語学校もやっているので 幼稚園から小学校低学年くらいまでの

 

こどもたちとその親ごさんたちがほぼ日本人!

 

IMG_4360.JPG

 

フランス人パパと日本人ママが集まるのかな。

 

日本語がふつう〜に通じるし パリにいるとは思えないくらい;;
 

IMG_4364.JPG
 

私たちにとってはとっても安心できる場所でした。

IMG_4362.JPG

 

到着早々 ご挨拶もそこそこに 
 

私たちはその日から泊まる
貸アパートメントの鍵渡しをしてもらわなくてはならず

アパートのオーナーさんと2時に待ち合わせをしていたので 

担当のKさんに
アパートの住所を伝え 連れて行ってもらいました。

距離は 天理会館から徒歩10分ほどの絶妙な場所でした。

 


Kさんは日本の方ですが フランス人の旦那さまがいらして

もちろんフランス語もペラペラで

 

いてくださると大変心強いのですが


翌日から私たちと ちょうど入れ替わりで1ヶ月
日本に向かうための準備で忙しく 

 

すぐ仕事に戻られました。

 

1年前からKさんとは メールだけで打ち合わせを続け

2015年4月に日本に来られた時に初めて大阪でお会いし


その後もメールでの打ち合わせを続け

結局私たちがパリに到着した日に ほんの一瞬だけ会えて 
 

日本に発たれたKさん。

いろいろお手間をかけ 宿泊のこともさんざん気にかけていただいたのに

個展もパフォーマンスも見ていただけず 残念でした。


 

でも奇跡的に一瞬だけパリですれ違えたのがまた面白い!

そしてKさんはその日から日本へ行っちゃったけど、

ただ そこにはとても頼りになるスタッフさんたちがいっぱいいて


IMG_4367.JPG
 

アパートメント編でも書いたように

 

個展には全然関係ないのに

車イス用に段差を埋める台を作っていただいたり


 

準備段階では 宿泊の手配から(車イス用のホテルを探してくださったり) 

作品の通訳やら 

 

当日のばーごんさんの挨拶の通訳、発音指導やら  

そして 荷物を運んだり 送ったり 

パフォーマンスの準備や 照明


 

個展の準備なども 忙しい仕事の合間にお手伝いくださり

さらには日常の買い物のことや

休日には私たちを観光までも連れて行ってくださり;


 

 

滞在中 何かと 普通より手間のかかる私たち、


本当にスタッフのみなさんに 各方面でお世話になりました。

 

日仏天理会館のみなさんのおかげで 無事 安全にパリに滞在でき

日仏天理会館だったからこそ

初めての海外の『パリ個展』が成功した といっても

 

決して言い過ぎではありません。

 

 

 

パリでの個展は素晴らしいものでした。

 

IMG_4324.JPG

 

ものすごい数の方が来られたわけではないのですが

 

ひとりひとり、芸術の楽しみ方っていうのが身についているっていうのか

 

ひとつひとつ とても熱心に見入られて

 

ここに来るフランスの方たちは 日本にとても興味を持っていることもあり

 

IMG_4350.JPG

 

それぞれが今感じたものを表現したくてたまらないっという感じが伝わってきます。

 

 

IMG_4401.JPG

 

 

2回も見に来てくださる方や

 

友人を誘ってきてくださった方もいました。

 

IMG_4217.JPG

 

読めない漢字や日本語の文章をどう理解してくれるのかな と思いましたが

 

ものすごく時間をかけて ゆっくりゆっくり眺め

 

フランス語に訳してもらったキャプションを1つ1つ真剣に読み

 

IMG_4215.JPG

そしてみなさんフランス語で感想を言ってくれるのですが 

 

私たちはさっぱりわからず;

 

でもその 私の感想を伝えたい!という情熱と気持ちは十分に伝わってきました♪

 

 

本当に お見事に芸術を愛する街なんだな〜 パリって。

 

 

しあわせな しあわせな 時間でした❤︎

 

IMG_4353.JPG

 

とにかく ばーごんさんの作品を その世界に持って行けた第一歩に

 

私としては 最大の満足感❤︎を覚えております。

 

 

会場の実際の様子は YouTube で見れます。

Junさんが開場前の様子をデジカメで撮ってくれました。

 

今でもその空気感を思い出すとしあわせな気持ちになれる♪

 

『伊藤進 パリ個展』 で検索 か

 

↓下記をコピーしてください。

https://youtu.be/SQKqHn-o77o

 

よかったら見てください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 




















 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

心書の旅HP

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM